<<前のページ | 次のページ>>
2005年12月5日(月)
びっくりしました。

仲の良い友達というか、人生の先輩から来年で
仕事を辞めるというメールが届きました。もう
若くない世代ですので、”辞める”ということは
一大事です。

一昨年も友達が突然会社を辞めて、その後の
再就職にとても苦労していました。でもだからと
いって退職=不幸とは考えたくはないのです。

先輩はとても忙しく、体をこわしそうだとのこと。
他にも大変なことがあり、「ここは辞めよう」と
決意されたようです。

肉体的、精神的にも疲れてどうにもならない時、
いろいろな解決策があるかと思いますが、先ず
先輩にはゆっくりと、そしていろいろな事が考え
られる時間ができることを願います。







2005年12月4日(日)
自慢できること・・・?

先週さぼっていたスポーツクラブに行きました。
久しぶりなので、体が重いかと思いきやスイスイ
と泳げました。体がやたらと重い時あるのですが、
泳いでみないとその時の調子ってわからないもの
ですね〜。

数少ない私の自慢(?)なのですが、クロール
での息つぎを私は右でも左でもできます。ですから
一、二、三、と右で息つぎ、一、二、三、と左で息つぎ
と泳いでいけます。

最初は左のみで、右は全くできなかったのですが、
首=肩こりの為に両方同じようにできるようにしたいと
思ったのがきっかけです。

努力の甲斐あってどちらでも”キレイ”に泳げるように
なったと思います。多分・・・・。

スポーツクラブからの帰り道、クリスマスのデコレー
ションを毎年きれいにされている家を通りました。
まるで小さいディズニーランドのようです。

毎年バージョンアップされていて、本当に楽しみなの
です。会社にお勤めしていた頃は、嫌なことがあっても
そこを通るだけで幸せな気分に変えてくれました。
自然と笑みがこぼれてしまう事って大切ですよね







2005年12月3日(土)
やはりスポーツ!

悲しい事件が続いています。こんな時はやはりスポーツ
にホッとできる事を求めてしまいます。

やはり宮里藍さん。精神力にはいつも脱帽です。アメリカ
の女子ツアーに来期から参加できるようになると思います
が、是非がんばって賞金ランキング上位につけてほしい
です。

藍さんは英語もがんばって勉強されていたとのこと。
アメリカの記者にも堂々と対応して大したものです。いろ
いろな事を吸収して、すばらしいプレーをまた日本でも
披露してほしいですね


そしてフィギュアスケートで中野友加里さんがNHK杯
優勝!私は全くこの方を知りませんでした。バランスの
とれた、特にスピンが良いなー、と思いました。

スピンはいかに同じ場所でクルクルと速く美しく回れる
かということだと思いますが、”同じ場所”ということに
私は目がいってしまいます。

速く回っていても場所が流れてしまっている選手は
あまり好きではありません。中野さんは右足、左足、
どちらが軸でもきれいに同じ所で回転しています。
美しい!

しかし、オリンピックに出るまで本当に熾烈な争いです。
マラソン、フィギュアは枠を広げてほしいですよね・・・。
来年のトリノ、楽しみです。










←メール
2005年12月2日(金)
ブログ

やっと勉強を始めました。ブログの・・・。遅いですよね。
HPだけでいっぱい、いっぱいで余裕がありませんでした。
そして、何を隠そう、私は文章を考えることが苦手なの
です。

この日記もおしりを叩きながらなのです。楽しみにして
読んでくださる方がいらっしゃるので、がんばれます。
そしてブログへの挑戦もやろう、という気にやっとなり
ました。

今月か来月中には、個性が出るブログを載せようと思って
います。がんばります。しかし、PCをやると目が赤く
なって乾いてしまします。意識してまばたきしましょう!




2005年12月1日(木)
問題発言

細木和子さんが番組の中で養鶏業者さんの
経営体制について批判したことが波紋を呼ん
でいるようです。

鶏を眠らせないで卵を一日2,3個産ませて
いるとテレビで発言したことに対して謝罪を
業者の人達が求めているそうです。

とても影響力のある人の発言ですので、いろ
いろな所に影響が及んでいるのでしょう。鳥
インフルエンザの件もあり、ふんだりけったり
といったところです・・・。

自分の言ったことで人を傷つけてしまう、という
ことは知らない間にやってしまっているのですよ
ね・・・。

私もこれまでにずい分していたと思います。
気が強かったですし、今考えると「アー」と思って
しまうようなことを言っていたと思います。

この歳になって少し落ち着いて物事を考えられ
るようになったかと思います。これから少しずつ
勉強してきたことを活かせれば、なんて少し
かっこつけすぎでしょうか?